wordpress 初心者の最低限の初期設定方法【5分で終了】 

wordpress 初心者の最低限の初期設定方法【2分で終了】 

wordpressをインストールしたら最初にやってく初期設定ってどんなのかな?

できれば必要なだけの最低限のものだけ知りたいな。

なるべく短い時間で終わらせたいな・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事の内容

スポンサーリンク

wordpress初心者がやる最低限の初期設定

wordpressの初期設定の方法をネットで見ると「これ必要か?」ってのも多いので、初心者に必要な最低限の事だけをピックアップアしています。

 

最低限の初期設定は以下のとおりです。

・【重要】ユーザー名をニックネームに変更する

・一般設定でサイト名入力・httpsに変更・タイムゾーン設定

・ディカッション設定でのコメント設定

・【重要】パーマリンクの設定

順番に見ていきましょう

【重要】ユーザー名をニックネームに変更する

まずはユーザー名をニックネームに変更しましょう。

ユーザー名のままでwordpressを運営すると「投稿者名がユーザーIDのまま」でセキュリティ上よくないので、ニックネームにしておきましょう。

ユーザー名から「ユーザー一覧」をクリックします

ユーザー名から「ユーザー一覧」をクリックします

ユーザー名をクリックします

ユーザー名をクリックします

「ニックネーム」がユーザー名になっているので・・・

ニックネームを変更します(ここではhotehogeに変更)してENTERキーを押しましょう

ニックネームを変更します(ここではhotehogeに変更)

すると「ブログ上の表示名」でhogehogeが選択できるので、hogehogeを選択して・・・

すると「ブログ上の表示名」でhogehogeが選択できるので、hogehogeを選択して・・・

最後に「プロフィールを更新」をクリックして終了です。

最後に「プロフィールを更新」をクリックして終了です。

これで投稿した記事のにユーザー名でなくニックネームが表示されます。

 

 

こんな感じですね。表示をニックネームにしてないと記事を投稿するたびに「ユーザー名」が出てしまうのでここは変えておきましょう

一般設定でサイト名入力・httpsに変更・タイムゾーン設定

一般設定でサイト(ブログ)の名前とタイムゾーンを設定しましょう。

タイムゾーンがズレてると記事投稿の時間がおかしなことになるので、直しておきましょう。

一般設定をクリックして画面を開いてください。

一般設定をクリックして画面を開いてください。

サイト名を入れる

サイト名を入れておきましょう。まだ決まって無ければ後でやれば大丈夫です。

サイト名を入れる

ちなみに、キャッチフレーズは特に決まって無ければ空欄でもOKです。SEO(検索エンジンに対しての対応)でほとんど影響はありません。

サイトのURLをhttpsにする

一般設定でサイトのURLが「http」になっていたら「https」に変更しておきましょう。

 

ココが「http」だったら・・・

 

「https」に変更しておきましょう。

「https」に変更しておきましょう。

 

補足グーグルでサイトのセキュリティのを上げるためにSSL化を推奨しています。

SSL化の方法は「サーバー名+SSL化」で検索すると簡単にわかるのでやってない場合は設定しておきましょう。

今時のレンタルサーバーでは無料で簡単にSSL化ができます。

→mixhostのSSL化方法

→エックスサーバーのSSL化方法

→さくらのサーバーのSSL化方法

レンタルサーバーについてはwordpress 初心者が使うべき格安 レンタルサーバーは3つの記事をごらんください。

サイトの言語とタイムゾーンを変更

サイトの言語を「日本」「東京」に変更しましょう。

 

「サイトの言語」「タイムゾーン」を

「サイトの言語」「タイムゾーン」

 

「日本語」「東京」にしておきましょう。

「日本語」「東京」にしておきましょう。

ココを変更しておかないと、時間設定がおかしくて記事の予約投稿をやるときとかに時間のずれが出てしまいます。最初に設定しておきましょう。

ディカッション設定でのコメント設定

コメント欄がいらない場合は投稿のデフォルト設定のチェックを外します。コメント欄が必要ならチェックの入ったままでOKです。

ディスカッションをクリックして

ディスカッションをクリックして

「投稿のデフォルト設定」にチェックが入っているので

「投稿のデフォルト設定」にチェックが入っているので

コメント欄がいらない場合はチェックを外します。

コメント欄がいらない場合はチェックを外します。

【重要】パーマリンクの設定

【重要】パーマリンクの設定

パーマリンクの設定は簡単でが重要です。結論を言うと

特別な理由が無ければ「カスタム構造」を選びましょう。

※パーマリンクとはURLの ○○.com/hogehoge の「hogehoge」の部分のことです。この部分の表示の設定をするのが「パーマリンク設定」です。

 

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定をクリックします

「共通設定」の画面になります。

 

カスタム構造を選択して

 /%postname%

と入力します。

入力したら画面下の「変更を保存」をクリックして保存します。

パーマリンク設定でカスタム構造を選ぶ理由

「カスタム構造」を選ぶとブログの記事を更新するときに自分のURLを手動で作ることができます。


このように記事のURLを手動で設定できるようになります。

 

これはSEOでURLは記事を説明するようなURLのほうが有利だからです。

例えば記事名が

「筋トレ初心者にいいプロテインを3つご紹介」

といったブログ名ならURLの部分は

○○.com/muscle-training-Beginner-3-protein

みたいに作ったほうがいいからです。

サイトを見る人のことを考えればこの方が「わかりやすい」ですしサイト記事の内容をイメージしやすいですよね。

こういった理由でパーマリンクはカスタム構造にしておいたほうがグッドです。

どうしてもめんどくさい場合には他のパーマリンクでもイイですが、あまりおススメできません(;´Д`)

サイト(ブログ)ユーザーに向けて作っていくものなので、なるべくわかりやすいURLを主導で作っていきましょう。

初期設定が終わったら必要なプラグインを入れてみましょう。プラグインについてはwordpress 初心者が最低限必要なプラグインでおすすめなモノの記事をごらんください。

 

本記事は以上です。お疲れさまでした(/・ω・)/

wordpress
takeilogをフォローする
スポンサーリンク
タケイログ