wordpress 初心者が最低限必要なプラグインでおすすめなモノ

wordpressのプラグインって何を入れればいいのかな?

できれば必要最低限のものだけにしたいな。

優先度が高い物と低いもの教えてほしいな・・・・

といった疑問にお答えしています。

 

本記事の内容

スポンサーリンク

wordpress初心者に必要なプラグイン

wordpress初心者に必要なプラグインをご紹介しています。

 

・最初に入れたほうがいいプラグイン

・必要に応じて入れておいたほうがいいプラグイン

 

とに分けてご紹介しています。

最初に入れたほうがいプラグイン

XMLサイトマップを作るプラグイン「Google XML Sitemaps 」

XMLサイトマップを作るプラグイン「Google XML Sitemaps 」

「Google XML Sitemaps 」はxmlサイトマップを作るプラグインです。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)(通称サチコ)には「サイトマップ送信」という機能があります。

その「サイトマップ」を自動で作ってくれるプラグインです。

サイトマップが設定されていないと、ページを公開してから検索結果に表示されるまでに時間がかかってしまう可能性が あるので。すぐにでも登録しておきましょう。

→Google XML Sitemaps のダウンロードはコチラから

→グーグルサーチコンソールはコチラから

wordpressをバックアップするプラグイン「UpdraftPlus」

wordpressをバックアップするプラグイン「UpdraftPlus」

「UpdraftPlus」はworodpressの記事や設定をバックアップするためのプラグインです。

wordpressに限らず「バックアップ」は必ずしておいたほうがいいです。なるべくなら1記事書いたらバックアップを取っておく・・・っていうのがベターです。

よく聞く話が、レンタルサーバーの不具合とかでサイトの記事がなくなったみたいな話をたまに聞きいます。

UpdraftPlusは「今すぐバックアップ」で記事を書いたらそのたびに簡単にバックアップできます。
また、定期的にバックアップを自動で取るせってもできます。
UpdraftPlusは「今すぐバックアップ」で記事を書いたらそのたびに簡単にバックアップできます。

UpdraftPlusはサーバーを移したりサイト移転するときも、一発できるのでバックアップのプラグインの中では一番簡単で高機能なのでぜひ入れておきましょう。

→UpdraftPlusのダウンロードはコチラから

文字装飾をするプラグイン「TinyMCE Advanced」

 

文字装飾をするプラグイン「TinyMCE Advanced」
TinyMCE Advancedは記事を書くときの文字装飾をするためのプラグインです。

TinyMCE Advancedは記事を書くときの文字装飾をするためのプラグインです

こんなふううに記事編集の画面に「太字にする」「文字の色を赤くする」「文字の背景色を変えたり」
といった文字を加工するためのプラグインです。

使いやすくて見やすいので最初に入れておいたほうがいいプラグインです。

→TinyMCE Advancedのダウンロードはコチラから

画像を圧縮するプラグイン「EWWW Image Optimizer」

画像を圧縮するプラグイン「EWWW Image Optimizer」

「EWWW Image Optimizer」は画像をアップロードした時に、Web閲覧に最適な状態に画像を減色したり圧縮してくれるプラグインです。

画像を自動で圧縮してくれるので、wordpressの表示速度を早くするのを助けてくれます。必須に近いプラグインです。

特別な理由が無ければ最初に入れておきたいプラグインです。

→EWWW Image Optimizerのダウンロードはコチラから

 

必要に応じて入れておいたほうがいいプラグイン

スパムコメントを防ぐプラグイン「Akismet Anti Spam」

スパムコメントを防ぐプラグイン「Akismet Anti Spam」

「Akismet Anti Spam」はスパムコメントを防いでくれるプラグインです。

ブログでコメント欄でやり取りをしたい人は必ず入れておいたほうがいいいプラグインです。

とはいえ、コメント欄を使わない人は必要ないです。

コメント欄を使うか使わないかでこのプラグインを入れるかどうかを判断しましょう。

→「Akismet Anti Spam」のダウンロードはコチラから

表示を高速化するプラグイン「WP Fastest Cache」

表示を高速化するプラグイン「WP Fastest Cache」

WP Fastest Cache」はwordpressの表示を高速化するための「キャッシュ系」のプラグインです。

※キャッシュとはブラウザ(グーグルクロームとかファイヤフォックスなど)が一度表示したページのデータ(画像などのデータ)を保存する機能です。

キャッシュを保存しておくとキャッシュを読み込む必要がなくなるのでwordpressの表示速度が速くなるという仕組みです。

とはいえ、私はキャッシュ系のプラグインはほどんどつかいません。キャッシュ系のプラグインを入れるとworodpressのデザインが崩れたりするトラブルがたまにあるからです。

なのでキャッシュ系のプラグインは必要に応じて使うようにするのがベターです。

今使ってるcocoonのテーマには高速化設定でキャッシュの設定があり、キャッシュ系のプラグインは特に必要ありません。

cocoon独自の「cocoon設定」の画像

cocoonのテーマについては初心者におススメの無料wordpress テーマは3つ【2019年度】の記事をごらんください。

→「WP Fastest Cache」のダウンロードはコチラから

「お問い合わせ」を作成するプラグイン「Contact Form 7」

「お問い合わせ」を作成するプラグイン「Contact Form 7」

お問い合わせフォームをつくるプラグインです。

ブログが育ってくると、記事を見た人からお問い合わせがくることもよくあります。

そのときにユーザーが迷わないように、お問い合わせフォームはあったほうが見る人にやさしいです。

お問い合わせフォームが必要ない人は使う必要はないです。作りたい場合は入れておきましょう。

→「Contact Form 7」のダウンロードはこちらから

記事に自動で目次を作るプラグイン「Table of Contents Plus」

記事に自動で目次を作るプラグイン「Table of Contents Plus」
Table of Contents Plus は記事に自動で「目次」を作ってくれるプラグインです。

とはいえ、最近のテーマではもとから「自動で目次を作る機能」はだいたいついています。

このサイトでつかっているcocoon(無料テーマ)にもデフォルトで目次作成機能がついています。

必要な場合には入れておきましょう。

※目次を自動で作れる機能がついてるテーマについては初心者におススメの無料wordpress テーマは3つ【2019年度】の記事をごらんください。

 

→Table of Contents Plus のダウンロードはコチラから

リンク切れをチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」

 

リンク切れをチェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」

『Broken Link Checker』はサイトの中でリンクが切れているものをチェックしてくれるプラグインです。

イトの中でリンクが切れているものをチェックしてくれるプラグインです。

リンクエラーは見つかりませんでした。

このように簡単にサイト内のリンク切れをちぇっくしてくれるので、とても使い勝手がイイプラグインです。

また、リンクが切れたときに「通知機能」があるので、自分で調べなくても通史でリンク切れがわかります。

とはいえ、わりと重いプラグインなのでちいさなさいとなら自分でリンクを管理できるので必要ない場合は入れる必要やないでしょう。

→「Broken Link Checker」のダウンロードはコチラから

一括で記事内の文字変更できる「Search Regex」

一括で記事内の文字変更できる「Search Regex」

Search Regexはwordpressの記事の文字を一括で変更できるプラグインです。

記事の中で

「あいうえお」という文字列を「あかさたな」「かきくけこ」とかに「一括で」変更できるプラグインです。

※こんな感じで使ってサイト内の文字を一括変換できます。
Search Regext使い方

かなり便利なプラグインなので使うときだけダウンロードして通貨うのがイイでしょう。

→Search Regex」のダウンロードはコチラから

wordpress初心者で必要ないプラグイン

プラグインの中でも入れるとデメリットの方が大きいプラグインをご紹介しています。

All in One SEO PackなどのSEO系のプラグイン

よくおススメのプラグインで「All in One SEO Pack」が挙げらてるけど入れないほうがいいです。

 

・動作が重くて表示速度が遅くおなる

・「meta description(メタディスクリプション)の記入」 位しか使い道が無い

・今時のテーマだと「meta descriptionの記入』はデフォルトの機能でついている

・ソースコードがショボくてかえってSEOで不利になる。

 

こういった理由で入れないほうがいいです。

無料テーマで有名なルクセリタスを作っているルナさんも非推奨のプラグインに入れています。

→参照 ルクセリタス プラグインについて

Jetpack

機能が多くて便利なプラグインです。

とはいえ、これを入れる機能が多いのでworodpressが超絶重くなります笑。

表示速度も遅くなるのでメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまいます。

機能についてもjetpackの中で使う機能はせいぜい数種類です。

あきらかにスペックオーバーで、無駄な機能が多すぎてプラグインが重すぎる・・・

といった悲しい結果になっています。

どうしても使いたい機能があれば動作の軽い別の軽いプラグインを必要に応じて、入れていったほうがベターでしょう。

wordpressのプラグインは少ない方がイイ

結論を言うとプラグインは少ない方がイイです。

理由はSEOで「表示速度」も上位表示のためにかなり重視されています。

そんな状況で、プラグインの数が増えれば増えるほど表示が遅くなってしまうからです。

プラグインは「必要最低限」のものだけを使って、いらないものはなるべく削除しましょう。

 

プラグインが少なければ表示が早く軽くなりユーザーにとって見やすいサイトになりますからね。

なるべくサイトを見てくれる「ユーザー」の立場になってブログ(サイト)を作っていくことはとても大事です

 

以上でおわりです。

あなたに必要なプラグインを選んでwordpressを運営していってくださいね(/・ω・)/ 

wordpress
takeilogをフォローする
スポンサーリンク
タケイログ