営業の仕事でやる気が出ない時の対処法【マインド・効率化・体験談】

営業の仕事でやる気が出ない時の対処法【マインド・効率化・体験談】

営業に配属されてやる気が出ない。成績も上がらないし、どうやってやる気出すのかな?

営業でやる気の出る方法ってないかな?実際やる気が出た人の詳しい体験談を聞きたいな。

やる気で無かったら、辞めるしかないか・・・・営業辞めても他に仕事ってあるのかな?

本記事ではこういった疑問にお答えします

 

本記事の内容

スポンサーリンク

私の営業経歴

新卒で入った銀行で営業を7年半ほどやりました。営業の仕事は嫌いだったけど、営業成績は割とよくて、トップ5に入ったこともあります。

もう一度営業をやれと言われるとやりたくないです笑。こうやって記事を書いたり、ウェブサイトを作ってる仕事のほうが好きなので、インターネットに感謝してます。

営業でやる気が出ない理由は決まっている 

営業でやる気が出ない理由は決まっている 

 

営業でやる気が出ない理由は決まっています。

 

給料が安い

がんばって認められない

上司・先輩と仲が悪い(人間関係)

営業の仕事がそもそもきらい

 

営業でやる気を出すにはこれらを無くしていく作業なります。

 

具体的に営業でやる気を出す方法を見ていきましょう

営業でやる気を出す方法【シンプルです】

営業でやる気を出す方法【簡単です】

営業でやる気を出す方法も簡単でシンプルです。 

 

・営業スキルを得るためのステップアップにする(自分のための目標が大事) 

・上司・先輩を見返してやるというマインドを持って営業をやる

・営業をノルマ達成はゲームと考える 

 

順番に見ていきましょう

営業スキルを得るためのステップアップにする(自分のための目標が大事) 

せっかく営業をやってるんなら、そのスキルをゲットして次のステップ(今より待遇のいい会社に行くため、フリーランスになるため)にしましょう。

 

営業のスキルはどんな仕事にも役に立ちます。転職するにしても営業の仕事は求人が豊富です。営業での実績ってのは、もっと待遇のイイ仕事に転職する時の最高のアピールポイントになります。

 

実際、銀行の同期の営業でトップクラスの奴は、外資系の生保や損保のに転職していきました。外資系は給料がよくて30歳前後で年収が1000万円を超えていました。

今いる場所での営業は次のステップアップのため・・・・として割り切ってやると自然にやる気も出てきます。

 

また、フリーランスになればどんな業界でも仕事を獲得する時には営業の交渉術が役に立ちます。実際に、私は今ウェブ系の仕事をしていますけど、単価交渉なんかでのやり取りなどで営業時代のスキルが役に立ってます。接待とか死ぬほどやってきたのでちょろいもんです笑。

今より待遇のいい会社に入るために営業のスキルをまずは上げるんだ・・・行動すればやる気が出ます。

 

営業以外の仕事でもお客さんと交渉したりすることができれば、別の会社に入っても出世しやすい人材になれます。営業ができる人間って世の中には貴重なんですよね。交渉するのがビジネスの基本ですから。

特別なスキルを学んでる気持ちでまずは営業をやってみるべきです。そしてもっと待遇のいい会社に行ったりフリーランスになるためのステップアップと考えるべきです。

→転職サイトリンク

 

上司・先輩を見返してやるというマインドを持って営業をやる

「反骨精神」

ってやです笑。精神論みたいで、ちょっとイヤなんですけど、このマインドは営業でメッチャ大事です。

 

営業にやる気を出すには、「上司や先輩を見返してやる」というマインドが必要です。

 

営業はある程度、負けず嫌いじゃないと続かない職種なので、こういったマインドを持てないなら、別の仕事を探したほうがベターです。営業にはセンスとかは才能ってあまり必要ではなく、マインドが8割くらいで営業成績って決まります。

反骨精神じゃないですけど、上司とか先輩を見返してやるくらいのマインドが持つことができれば、営業にマジでやる気は出ます。負けず嫌いな人はだいたい営業の成績は上がっていきます。

 

やる気が出てくると、それがお客さんにも伝わって成績も上がっていきます。

よく言われますけど、お客さんは「商品を買うんじゃなくて、営業から物を買う」って言われます。

 

お客さんってやる気のある人間が大好きです。やる気が無いってのはすぐにお客さんに伝わるので、やる気のないままでは永遠に営業成績は上がりません

営業をノルマ達成はゲームと考える 

営業はノルマを達成するためのゲーム

これが真理です。ノルマを達成するためにどうするかを考えて行動していくというゲームと割り切る必要があります。

具体的には

 

「お客さんに好かれやすいキャラはどんなキャラか」

「見込み客を増やす方法はどうするか」

「効率よく訪問するルートはどうすべきか?」

 

こういうことを考えて、行動を改めていくというのが営業の行動です。これをゲームと思って、割り切ってやれると「やる気」というものを超越した行動が取れます。

細かいことは省きますけどたとえば

 

お客さんに好かれやすいキャラ→明るい、見た目に清潔感がある、ハキハキしゃべる

見込み客を増やす→テレアポなどをする、ネットで集客する

効率のイイルートで訪問する→訪問するルートを最短にするために予定を組む

 

といった方法が見えてきます。めんどくさいですけど、営業ができる人は常にこういったことを考えて行動しています。

行動をする→やる気が出てくる。

という順番です。やる気だけだそうってのは根性論になるので無理がありますけど、まずは行動を改善していくと自然にやる気はついてくるっていうプラスの要素が働きます

営業でやる気が出た体験談【メリットもデメリットあり】

営業でやる気が出た体験談【メリットもデメリットあり】

 

私は新卒で銀行に入って、2年目から営業に出ました。営業の仕事で元々やる気が無かったです笑

銀行も好きでは言ったわけじゃないですし、そもそも人と話すのがあまり好きじゃなかったです(;´Д`)

営業に出てから半年くらい、ただお客さんを訪問してテキトーにしゃべって帰ってくるだけでした。

当たり前ですけど成績も下から数えたほうが早いくらいで、毎日上司に文句を言われて更にやる気がなくなってました。

営業を始めて半年ほどたつと、2つ年上の先輩が転勤してきてきました。またこの先輩が偉そうな態度をとるんですよ。

とにかくこの先輩が自分にからんできて、disられまくるんです。

あまりにめんどくさい先輩なんで

 

「こいつだけには負けるかというマインドが生まれてきた」

 

んですよ。そうなってくると、「こいつを営業で見返してやる」っていう風になってきました。営業の仕事は嫌いだけど、負けず嫌いな人間なんですよ私って笑

そこから、とにかく営業成績を上げることだけをやりました。それこそ上に書いた、好かれるキャラとか見込み客を発掘するためにテレアポしまくったり、訪問ルートをメッチャ効率化したりとかですね。

 

そのかいあってか、営業成績も上がっていって、1年後の成績はトップ5に入りました。(250中です)

 

こう見るとイイことばかりみたいですけど、営業にやる気が出るとメリットもデメリットもあります。

ヤル気出たメリット 

  • 営業はマインドが8割だと気づく。
  • お客さんはやる気のある人間が大好きだからその営業から商品を買うってのが真理だとわかった。
  • だから商品が売れるという勝ちパターンがわかる。
  • 交渉力が上がるとその後の人生で有利になる。トーク力が上がるので女性にモテるようになる。

やる気が出たデメリット 

  • 営業成績がよければ「優れた人間」という風ひとりよがりな思考になる 
  • 視野が狭くなって、現状の満足してしまう。いわゆる天狗になりやすい。
  • 上司や同僚から妬みを買う。
  • 営業は一生やる職種じゃないんで、次のステップアップにすべき。これをしないとただの営業成績のいい性格の悪いオッサンに成り下がりやすい。
  • 営業成績を維持するのは苦労があるので、営業のスキルを活かした転職なりフリーランスを選ぶ行動をすべきこれはマジ。

メリットデメリットもあって、営業にやる気を出すことがイイかどうかは、営業成績を上げて、その後のステップアップにつなげられるかどうかがポイントになります。

どうしてもやる気が出ないなら営業の仕事は辞めたほうがイイ理由

どうしてもやる気が出ないなら営業の仕事は辞めたほうがイイ理由

ここまで書いておいてなんですけど、営業でやる気の出ない人なんていくらでもいます。

営業でどうしてもやる気が出ないなら、無理にやらないほうがいい。

 

営業はメンタル、体力も消耗するので、過労で倒れたりうつ病になる人を何人も見てきました。それだけハードな職種です。

ぶっちゃけ営業だけが仕事じゃないので、分なりに工夫してやってもヤル気が出ないなら無理をしないで別の道をさがしたほうがいいです。精神的に病んでまでやる仕事じゃないですよ。

これが営業をやった私の結論です。

 

営業じゃなくても、仕事は普通にあるんでそこまで心配しなくてもいいです。私は営業→製造業をやりましたけど、そんなに給料も変わらないですし、営業の仕事に比べるとたいていの仕事は楽に感じます。これも営業を経験したメリットなのかもしれません笑。

 

→転職サイトリンク