さくらのサーバーでwordpress をインストール 【ドメイン直下方法あり】

さくらのサーバーでwordpress をインストール 【ドメイン直下方法あり】

さくらのサーバーwordpressのインストール方法を知りたいな・・・

できればわかりやすく教えてくれる記事はないかな・・・

図で説明してくれるとわかりやすいな・・・

さくらのサーバーでドメインの直下にworpressインストールしたいんだけどな・・・

こういった疑問にお答えしています。

 

本記事の内容

スポンサーリンク

wordpressをインストールする前にやること

wordpressをインストールする前にやることは以下の通りです。もうやってある方はスルーしてください。

①ドメイン取得

②ドメインのネームサーバーの設定

①ドメイン取得

ドメインを取得しておきましょう。ドメインの取得については独自ドメインとはなんぞや? 意味・選び方・決め方を説明しますの記事をごらんください。

②ドメインのネームサーバーの設定

ドメインを取得したらネームサーバーを設定しておきましょう。

参照:さくらのサーバーのネームサーバー

プライマリネームサーバーns1.dns.ne.jp
セカンダリネームサーバーns2.dns.ne.jp

ドメインのネームサーバーの設定についてはネームサーバーとは?設定・変更方法・ドメインへの反映時間を解説の記事で詳しく説明してるのでどうぞ。

さくらのサーバーにwordpressをインストールする方法

さくらのサーバーでwordpressをインストールする手順は以下の通りです。

①ドメインを登録します。

②SSL化の設定

③データベースを作成する

④wordpressをインストールする

順番に見ていきましょう。

 

①ドメインを登録します

サーバーコントロールパネルの画面に入ります。
サーバーコントロールパネルに移動します

 

ドメイン設定の「ドメイン/SSL設定」をクリックします
ドメイン/SSL設定をクリックします

「新しいドメインの追加」をクリックします

新しいドメインの追加をクリックします

 

他社で取得したドメインを移管せずに使うの「ドメインの追加へ進む」をクリックします
他社で取得したドメインを移管せずに使うの「ドメインの追加へ進む」をクリックします

wordpressをインストールしたいドメイン名を入力して「送信する」をクリックします。
wordpressをインストールしたいドメイン名を入力します

 

確認して間違いが無ければ「送信する」をクリックします
確認して間違いが無ければ送信するをクリックします

 

ドメインが追加されるとこの画面になります。「詳細設定に進む」をクリックします。

詳細設定に進むをクリックします

次の画面で

【重要】マルチドメインの対象のフォルダを指定してくださいの設定をしておきましょう

マルチドメインのの対象の指定をフォルダを指定しないと、wordpressのインストールされるフォルダが無い状態になります。

あまり深く考えずにわかりやすいフォルダ名を決めて入力しておきましょう。

※ドメイン名を入れておくとわかりやすいです。○○.comなどをフォルダ名にすれば迷うことはありません。

※この画面の他の設定はそのまま変更しなくても大丈夫です(デフォルトでOK)

「マルチドメインの対象のフォルダ」を指定をしたら下の「送信」をクリックします

 

 

この画面でドメイン設定の完了です。「ドメイン一覧に戻る」をクリックして、続いてSSL化の設定をしていきましょう。

この画面でドメイン設定の完了です。

②SSL化の設定

ドメイン一覧をクリックしてSSL化の設定をしましょう

 

SSLの証明書を設定をする

SSLはサイトのセキュリティの設定です。

簡単に言うとサイトのアドレスが「http」から「https」になります。

必須の設定なのでやっておきましょう。

 

証明書の「登録」をクリックします

証明書の「登録」をクリックします

「無料SSLの設定に進む」をクリックします

「無料SSLの設定に進む」をクリックします

「無料SSLを設定する」をクリックします

「無料SSLを設定する」をクリックします

設定が完了すると以下の画面になります

設定が完了すると以下の画面になります

 

これでSSLの設定は終わりです。

SSLの設定が反映されるで数十分~数時間かかるので、その間に作業を進めておきましょう。

③データベースを作成する

さくらのサーバーではwordpressの1つごとに1つのデーターベースをつくります。

メンドクサイですが簡単ですのでインストール前にやっておきましょう。

 

「データーベースの設定」をクリックします
「データーベースの設定」をクリックします

「データベースの新規作成」をクリックします

「データベースの新規作成」の画面

 

 

①データベースバージョンは最新のものが表示されるのでそのままでいいです

②データベース名は自分の管理しやすい文字列を入れます。

③接続用のパスワードを自分の管理しやすいものを入れてメモっておきましょう※後で使うことはほどんどないですけど・・・・

④ータベース文字コードは特別な理由が無いなら一番上のUTF8のもので大丈夫です。

➄「同意する」にチェックを入れて「データーベースを作成する」をクリックします。

 

データベースができると一覧に表示されます。これで完了です。
データベースができると一覧に表示されます。これで完了です。

④wordpressをインストールする

いよいよですがwordpressをインストールしていきましょう。

 

「クイックインストール」をクリックします
「クイックインストール」をクリックします

「ブログ」をクリックします
「ブログ」をクリックします

「wordpress」をクリックします

 

この画面で

インストール内容入力画面

①「確認」にチェックを入れて

②インストール先のドメインを選択します

 

③【重要】そしてインストール先のフォルダを入力します(この画像ではwpにしています)

※さくらのサーバーでは、なぜかワードプレスのインストール先のフォルダを指定する必要があります。(この画像の場合はwpフォルダにインストールされます)

そうなるとwordpressを開くとURLが

 https://〇〇com/wp/

になってしまいます。

本来なら

https://○○.com/

と表示をしたい人が99%だと思うので、いわゆるドメイン直下にwodopressを移す方法もあとで(下の方で)説明します。

とりあえずフォルダ名をwpなどのわかりやすい文字に指定してインストールが終わってから、ドメイン直下に移す作業をしましょう。

 

④データベースを先ほど作ったものを選択します。

➄先ほど入力したデーターベースのパスワードを入力します。

⑥テーブルの接頭語はそのままでOKです(変えなくていいです)

最後にインストールをクリックします。

 

この画面になので、「アプリケーションの設定」をクリックします

「アプリケーションの設定」をクリックします

wordpressの必要情報の入力画面になるので

①サイトタイトルを入れます。ここは後で変更できるのでテキトーに入れておきましょう

②ユーザー名はwordpressにログインするときに使います。入力してメモっておきましょう

③パスワードもwordpressにログインするときに使います。入力してメモっておきましょう

④wordpressからの連絡用のメールアドレスを入力します。変なメールとかは来ないので使えるアドレスを入力しましょう。
※検索エンジンでの表示にはチェックを入れないようにしてください。

➄最後にインストールをクリックします。

 

この画面になったらログインをクリックして

この画面になったらログインをクリックして

 

ユーザー名とパスワードを入れてログインしましょう。

ユーザー名とパスワードを入れてログインしましょう。

ログインして、こんな画面(wordpressのダッシュボード)が出たらインストールは成功です。

ログインできてこんな画面(wordpressのダッシュボード)が出たらインストールは成功です。

さくらのサーバーでwordpressをドメイン直下に移行する方法

さくらのサーバーでインストールすると

みたいにドメイン直下ではなく、もう一つ下のフォルダ(ここではwp)にwordpressが表示されてしまいます。

これをwpを消してドメイン直下の

に表示(wpの部分なくす)するようにします。

 

ではさっそく作業開始しましょう。

 

wordpressの画面の左側の「設定」をクックします。

「wodpressのアドレス」と「サイトアドレス」にwpがついてるので
「wodpressのアドレス」と「サイトアドレス」にwpがついてるので

 

アドレスの「wp」を外します

wpを外します

外したら設定の保存をクリックしてください。

外したら設定の保存をクリックしてください。

そうすると画面がこうなりますが気にせずすすみます。

そうすると画面がこうなりますが気にせずすすみます。

さくらのサーバーのサーバーコントロールパネルの画面にもどって「ファイルマネージャー」をクリックします

「ファイルマネージャー」をクリックします

wodpressをインストールしたフォルダを選択します。※先ほどの

wodpressをインストールしたフォルダを選択します。

wpのフォルダができてるので選択します。

※先ほどの【重要】マルチドメインの対象のフォルダを指定してくださいの設定をしておきましょう・・で設定したフォルダ名です。

wpの中のフォルダを全選択してworopressをインストールしたドメイン直下に移動させます。

※「名前」の部分にチェックを入れると全選択できます。

※ドラック&ドロップで移動するのが楽です

 

するとwpのフォルダとと同じ階層に移るのでwpのフォルダは削除しておきましょう

wpのフォルダとと同じ階層に移るのでwpのフォルダは削除しておきましょう

 

するとドメイン直下のアドレス(wpを削除したアドレス)にログインできるようになっています。

 

ログインできるアドレスが

 

変更前 ○○.com/wp/wp-admin/
↓↓
変更後 ○○.com/wp-admin/

に変化します。

このようにドメイン直下にログインできるようになります。

最後にアドレスをhttpsに変更しよう

最後にwordpressの設定画面でURLを「http」から「https」に変更しておきましょう。

 

設定の画面に入って

このアドレスの部分を

「https」と変更しておきましょう。

「https」と変更しておきましょう。

に変更しておきましょう。

 

 

変更するとこの部分が

このひょうに「保護されていない通信」というのが消えてカギの表示になります。

これでURLが保護された状態になります。

※エラーが出る場合はまだ、SSL化の設定がさくらのサーバーの方で終わってないので、時間を空けてからもう一度画面を見てみましょう。

 

これでwordpressのインストールは完了です。

wordpressをインストールしたら初期設定をやってみましょう。初期設定についてはwordpress 初心者の最低限の初期設定方法【5分で終了】 の記事をごらんください。

 

最初に入れておくべきプラグインについてはwordpress 初心者が最低限必要なプラグインでおすすめなモノの記事をごらんください。

 

本記事は以上になります。

さくらのサーバーは低価格で安定したサーバーなので、うまく利用してブログを作っていきましょう(/・ω・)/

wordpress
takeilogをフォローする
スポンサーリンク
タケイログ