独自ドメインとはなんぞや? 意味・選び方・決め方を説明します

独自ドメインとはなんぞや? 意味・選び方・決め方を説明します

独自ドメインってっていったいなんなの??

独自ドメインってどうやって選ぶの??決め方とかあるの?

独自ドメインをとるときに注意点とかあるの?

こういった疑問を解決します。

 

本記事の内容

スポンサーリンク

本記事を書いた理由

アフィエイト歴5年で専業になって2年目です。サラリーマンの年収くらいは稼いでいます。

独自ドメインってわかりづらかった経験から解決策をシェアしたくて記事を書きました。

独自ドメインとは?いったいなに??

 

ネットを見てると、サイトのアドレス(URL)って

https://hogehogehoge123.com/

とかになってますよね。

この「hogehogehoge123.com」っていう部分が独自ドメインになります。

ドメインはインターネット上の住所

○○.com ○○.net といった○○の部分を自分で決めることでインターネット上に

「自分の住所を設定する」

というイメージです。住所を取ってそこに自分のサイトを作っていくというイメージです。

使用料を払って住所を作る

ドメインは「使用料年間1000円」などがかかり、お金を払うことで住所を買うというイメージです。

補足:独自ドメイン関連のよくある用語

ディレクトリ

ディレクトリは独自ドメインの後に続く「スラッシュ」の後の部分を言います。よく「サブディレクトリ」とも言われます。

https://hogehogehoge123.com/hoge1/hoge2

このスラッシュ「/」の後の「hoge1」や「hoge2]の部分のことをディレクトリと言います。

ディレクトリは独自ドメインを持ってる人がブログのカテゴリーなどを分けて使って利するときに使います。

サブドメイン

よく無料ブログとかで「サブドメイン」が使われます。

たとえばFC2ブログブログを作ると、

https://hogehogehoge123.blog.fc2.com/

といったドメインになります。

この「hogehogehoge123」の部分を自由に決めることができて「.blog.fc2.com」の部分はFC2ブログでみんな共通です。

ドメインの所有者は.blog.fc2.com (FC2ブログ)になりますが、

hogehogehogeの部分を自由に変えられることで、ネット上に無料ブログが作れる・・・・といったのがサブドメインです。

サーバー

独自ドメインを取得してインターネット上にブログ(サイト)を作るにはサーバーが必要です。

独自ドメインが「住所」ならサーバーは「土地」ってイメージです。土地が無いと家(ブログ)を作れませんからね。

サーバーについてはwordpress 初心者が使うべき格安 レンタルサーバーは3つの記事をごらんください。

独自ドメインの選び方

独自ドメインの選び方

ドメインには「com/net/org/info/jp/work/xyz・・・・」といった種類がたくさんあります。

ドメインを取るときには、特にこだわりが無ければ「com」「net」にしましょう。

グーグルでは独自ドメインの「com」「net」「info」「org」などの部分でドメインの有利や不利は無いと言っています。

参照 グーグルのドメインに関する見解

 

とはいえ、実際サイトを作ってみると「info」や「org」や他のマイナーなモノはサイトが上位表示しにくい感覚も正直あります。

特別な理由がなければ「com」や「net」といった独自ドメインを選びましょう。

特別な理由とは

 

・自分が作りたいドメインの文字列が「com」などで空いてない場合

・東京の地名を生かしたサイトを作るときに「hogehoge.tokyo」などのド面を選ぶとき

 

などですね。アフィリエイトでお金を稼ぐのは目的ではなく、ただのブログを書きたいならどんな独自ドメインを選んでもイイでしょう。

しかし、ビジネス目的でブログ(サイト)を作るなら不利になる可能性のある部分はなるべくやめたほうがイイでしょう。

独自ドメインの決め方

独自ドメインの決め方

 

独自ドメインをどうやって決めるかは、結論を言うとブログに関連したドメインにすべきです。

「サイトを見た人がサイト内容をイメージしやすいドメイン」というのが理想です。

具体例をあげると・・・・

独自ドメインの「○○.com」の「○○」の部分を選ぶときに

筋トレブログだったらMuscle-power.com

食べ歩きブログだったら tabearuki-love.com

転職サイトだったら job-change.com

ブログに自分の名前を入れたいんだったら suzuki-blog.com(鈴木さんのブログ)

 

こういったイメージで読者にどんなブログ(サイト)かわかりやすいドメインにしましょう。

「読者がどんなブログ(サイト)かイメージしやすい」っていうのはとても大切なポイントです。

自分が取りたい独自ドメインの文字列が開いてるかどうかを調べよう

自分が取りたい独自ドメインが使えるかどうか・・・・を調べてみましょう。

お名前.com を使った例を見てみましょう。独自ドメインをチェックしていきます。

→お名前.comの公式サイトはコチラから

①自分が取りたい独自ドメインの文字列を入力します

ここでは例として「hogehogehoge」と入力しています。

①自分が取りたい独自ドメインの文字列を入力します

文字列を入力したら緑の「検索」をクリックしましょう。

②赤枠の部分でチェックが入るものはドメインが使えます

画像の赤い枠の部分でチェックを入れることができるものは

「文字列が空いているので独自ドメインを取ることができる」

ということです。

そのまま独自ドメインを購入したい場合は、

画像のように取りたいドメインにチェックを入れて「料金確認へ進む」をクリックして購入手続きを進めていきましょう。

購入手続きは、クレジットカード購入などの購入方法を入力して、名前やメールアドレスを登録して購入手続きをしていきます。

レ独自ドメインを購入できるサービスまとめ

お名前.com :ドメイン購入サイトの最大手の取得サイトです。管理画面がつかいやすく複数のドメイン管理がやりやすいです。

エックスドメイン :ドメイン取得サイトの老舗です。管理画面がシンプルで使いやすいです。エックスサーバーを使うならこちらがおススメ。

 

【注意点】独自ドメインが過去に使われてなかったチェックしよう

【注意点】独自ドメインが過去に使われてなかったチェックしよう

独自ドメインを取るときに、そのドメインが過去に使われていたかどうかやペナルティを受けていたかをチェックするようにしましょう。

せっかく独自ドメインを取ってブログを始めても、過去にどのドメインがペナルティを受けていたら思うようにブログのアクセスがこない・・・・ということにもなりかねません。

チェック方法は以下の通りです。

 

①ドメインの使用履歴のチェック

②ドメインがペナルティを受けてないかのチェック

順番に見ていきましょう

 

①ドメインの使用履歴のチェック

自分が取りたい独自ドメインがあったら購入する前に独自ドメインが過去に疲れてていなかったかチェックしましょう。

独自ドメインでも過去にそのドメインが使われていた場合はもしかしたら「ペナルティ」を受けていたかもしれません。

独自ドメインが過去に使われていたかどうかを見のは簡単です。

web.archive.org (履歴チェックサイト)にアクセスします。

①赤ワクに自分がとる独自ドメインを入力します

①赤ワクに自分がとる独自ドメインを入力します

②使用履歴があるとカレンダーが出てくるので青くなってる日付をクリックします

②使用履歴があるとカレンダーが出てくるので青くなってる日付をクリックします

 

③過去にドメインが使われていたサイトの履歴が出てきます

③過去にドメインが使われていたサイトの履歴が出てきます

ここでは、この独自ドメインで「出会い人たちのためのスキルサイト」

ってサイトで使われていたのがわかります。

過去に使われていた履歴がある場合はそのドメインは使わないほうがベターです。

特にアダルトサイトや怪しいサイトなどで使われていた場合は辞めたほうがいいです。

確認してみて過去に使われていた履歴が無ければその独自ドメインを使っても安全です。

②ドメインがペナルティを受けてないかのチェック

独自ドメインがペナルティを受けてないかをチェックするのも簡単です。

aguse.jp ペナルティチェックサイトにアクセスします。

①独自ドメインを入力します。

①独自ドメインを入力します。

赤ワクの部分に独自ドメインを入力します。

②下にスクロールして赤ワクの部分を見ます

②下にスクロールして赤ワクの部分を見ます

画像の赤ワクの部分が「SAFE」なら問題ありません。

ドメインにペナルティがあると赤い文字で「CAUTION」という表示が出ます。
ドメインにペナルティがあると赤い文字で「CAUTION」という表示が出ます。

このサイトはドメインだけでなく、サイトやサーバーがブラックリストに載ってるのもチェックできるので、たまに自分のサイトなどをチェックするのがいいです。

万が一もあるので、独自ドメインを取るときには過去履歴とペナルティがあるかどうかはチェックしておきましょう。

追記:ドメインをとったらレンタルサーバーとひもつけるネームサーバーを設定しよう

ドメインをとったらレンタルサーバーとひも付けるネームサーバーをすぐに設定しましょう

ネームサーバーの設定はネームサーバーとは?設定・変更方法・ドメインへの反映時間を解説の記事をごらんください

 

以上で終わりです。

自分に合った独自ドメインと取って、ブログ(サイト)を作っていきましょう(/・ω・)/