転職サイトの選び方のポイント【求人数・担当者を重視】

転職サイトの選び方のポイント【求人数・担当者を重視】

転職サイトを選ぶときのポイントを知りたいな

転職サイトでの転職活動のメリットデメリットを知りたいな

本記事の内容

スポンサーリンク

転職サイトを選び方のポイント

転職サイトを選ぶポイントは以下の通りです。

・求人のが多いサイトを選ぶ

・担当者の対応が良いサイトを選ぶ

求人のが多いサイトを選ぶ

結論を言うと大手の転職サイトは求人数はかなり多いので、どこを選んでも同じです。

そのため、大手の転職サイトを使えば求人が少ない・・・・ということはないので、大手の転職サイトを選びましょう。

求人数が少ないと「求人を比較できない」ので、どれがいい求人なのかわからない…ということになりがちです。

まずは自分が転職で入りたい業界の求人を比較してみて、どの求人に応募するかを決めましょう。

担当者の対応が良いサイトを選ぶ

転職サイトはあなたの担当者との相性が悪いと、ストレスがたまります。

転職サイトではあなた合った求人を担当者が紹介してくれます。

その紹介してくれる求人も担当のレベルが高いと、あなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

担当者との相性は実際に登録してみないとわかないので、転職サイトに登録してみて

「この担当者はちょっと合わないな・・・」

と感じたら、別の転職サイトを使うようにしましょう。

転職サイトを使って転職活動をするメリット

  • 求人が多い
  • ブラック企業が少ない(ゼロではない)
  • 担当者から求人を紹介してもらえる
  • 担当者から転職活動のやり方のアドバイスをもらえる

転職サイトを使って転職活動するデメリット

  • 完全に自分一人で転職活動をしたい人には不向き
  • 転職活動のアドバイスを受けるのがきらいな人には向いていない
  • 担当者との相性が悪いとストレスがたまる

おススメの転職サイト

おススメの転職サイトは下の3つです。

リクルートエージェント

特徴

    • 業界№1の圧倒的な求人数
    • 担当者の質も高く転職活動がやりやすい
    • 知名度が高く安心感が高い

【リクルートエージェント】(公式サイトに移動します)

パソナキャリア

特徴

    • 大手転職サイトで求人が多くどの業界もバランスよく求人がある。
    • 担当者の対応がていねいで使いやすい

パソナキャリア (公式サイトに移動します)

ジェイック

特徴

    • 若者向け(20代)の求人が特に多い
    • 第二新卒の求人が多い
    • 担当者が親身になって対応してくれる

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!(公式サイトに移動します)

転職サイトを使った感想

・求人を紹介してくれるので、自分で探すよりも時間短縮になった。

・働きながらの転職活動では求人を探すのはめんどくさいので、とても助かった。

・担当者が合わなかったときにストレスがたまった。

・担当者が合わないときには素直に別の転職サイトをすぐに使うべきだった。

・転職サイトを使って転職できた時の満足感はハンパなく高かった。

・転職して、サービス残業もなくなり、プライベートも充実して人生が変わった。

・仕事が変わると生活が本当に変わるので、行動してよかったと今でも思っている。